TALKS

過去の日記 2016年の夏。

こんにちは。うへです。
夜中にevernoteのゴミ箱を見てみたら、過去の日記が出てきたので、晒します。
確か一瞬fc2ブログ(削除済み)をやっていたときに書いたやつじゃないのかな?しらんけど。初出しではないはずです。一切リライトせず投げます。
11時に起きて焦っているところが偉いですよね。
あと、終わり方が唐突で笑いました。
それでは!!!!
夏休み2日目の日記。
起きたのは、11時すぎてた。ちょっとあせった。
飯食ってダラダラして…
13時に家を出てたんだけど、そしたら雨ザーザーだったわ。
梅雨明けたんじゃないの???ってくらいに!!!
で、図書館に向かったのさ。日曜のシゲ部で、我孫子武丸さんと、福永信さんの本を紹介していたので、そのうちどちらかの本を読もうと思って、カーリル検索使って定期圏内の図書館を探してたのさ。
まあ、紹介していた作品はなかったものの、家から一番近くの図書館に作者の他の本は揃っていて、とりあえず1冊なんか読もうと。
本の感想前に、図書館の感想を書こうかな。
立地はかなりよくて、駅チカ!かつ、近くに店も多い。
いつも電車でわざわざ行っている図書館とは全く異なっていて、賑やかな場所にあるビルに1フロア図書館が入っている感じ。
閲覧スペースがほぼなくて、勉強机は時間制交代の模様。満席だった。
唯一座れた椅子は、背もたれのないベンチで、正直居心地は最悪。
今めっちゃ腰いたいし。
子どももめっちゃいて、まあ、夏休みだし。ごちゃごちゃうるさかったな。
近くにいなければ子どもは、気にならないかなって感じ。
そんなこんなで、読んだのは、福永信さんの『コップとコッペパンとペン』。
とにかく、タイトルに惹かれた。魅力的なタイトルに!
装丁もかわいいし。
前に『一一一一一』を読んだときとはまた違った意味で、不思議だった。
どこかで読み落とすと意味がわからないし。というか、読んでいてもこれは、こうなのか?自分の理解に自信がなくなってしまう。
そこがなんだか面白いし、でも、読んでいてなんか疲れてくる。ところどころ読み進めるのに時間がかかって、つまずいた感じになっちゃうっていう。
まだ、自分の読解力では、読む力が及ばないのかもしれないと思った。
シゲアキさんが紹介していたのは、『三姉妹とその友達』という本。とりあえず、これも事前情報を入れずに読んでみようかなと。まだ届いていないけど(笑)
そんなかんじで、本読んでから、もう1冊読もうと思い立ったんだけど、やめて、なぜか横浜へいくことに。
外に出たらめっちゃ晴れていておどろき!!!
建物から出てきた人たちみんなおどろき!!!
そんで、あつい!!!
夏だぜ!夏だ!!
横浜にいったのはたいした理由もなければ、とくに行って面白いこともなかったので、書かないことにします。
まぁ、そんで、話をおもいっきり飛ばすと家につくんですが。
ここも対して変わらぬ日常ですね。
変ラボの時間をめっちゃ待っていたんですよ。
こんなに楽しみにしているなんてとてもいい視聴者。
わたしは、自分に「模範的な視聴者」という称号を与えたい。
具体的に何をしながら待っていたとかはないんですよう。
ただ待っていたんです。
感想を書くなんてただの自分で自分に変な称号を与えちゃう程度の視聴者が語れる立場じゃないっていうことは重々承知なのでたいしたことは、書きません。
好きな人のことはあんま分析したくないし観たままをカッコいいかわいいいやされるの分かりやすい便利な言葉でひたすらつぶやいていたいのね。
感想
とにかく面白かった!!!
めっちゃわらった!!!
8月になってから1番笑った!!!
てか、シゲアキさんかっこよかったね。
お化け屋敷のところとか、あんな叫んでいるのにイケメンだったし。困る。
イケメンすぎて。
眠そうなシゲアキさんの顔たまらなかったなぁ。
とにかくおもしろくて、さいこうで、いやされて、めっちゃわらった!!!
おわり。